老人福祉施設

当法人の老人福祉施設には、養護老人ホームとして、那須烏山市内(栃木県)に聖園ヨゼフ老人ホーム(訪問介護事業所を併設)があります。また、秋田市内(秋田県)にみそのホームがあり、みそのホーム内には、ディサービスセンター、グループホーム、マリアの家の3事業所があります。
老人福祉施設は合計2施設5事業所を運営しております。
それぞれの施設・事業所へは、このページの「老人福祉施設のご案内」の事業所名(聖園ヨゼフ老人ホーム・同訪問介護事業所は事業所が分かれておらず一体的に運営されているため一つにまとめました。)をクリックしてご訪問ください。

施設の基本方針

聖園ヨゼフ老人ホーム
入所者の主体性、自立生活を目指し、ホームの仲間や家族との関わりの中で、各自の能力を活かせる生活の場を提供します。
みそのホーム ディサービスセンター
高齢者の自立生活支援として「身体的自立」を第一義とし、水分補給をベースに歩行機能を中心に維持向上・転倒防止をメインに運動をし、排泄・入浴・食事・交流等、出来ない場面を把握援助し、覚醒水準や活動量を上げ、排泄を促すよう生理的ケアに努め、レクリエーション等で関心や興味をもって活動意欲を上げ、結果として排泄抑制獲得や夜間良眠等健康維持回復へ繋がることに期待しています。
みそのホーム グループホーム
安心、喜び、感謝の理念を掲げ、利用者様が中心となり、役割を持って生活して頂きます。その中で自分らしく、安心して生きがいを持って過ごせるよう支援します。
みそのホーム マリアの家
利用者様一人ひとりの人格を尊重し、住み慣れた地域での、生活を継続することができるよう、地域住民との交流、地域活動への参加を図りつつ、利用者様の心身の状況、希望、置かれている環境を踏まえて、通いサービス・訪問サービス・及び宿泊サービスを柔軟に組み合わせることにより地域での暮らしを支援します。
※施設に基本方針の柱が複数ある場合は、スペースの関係上、基本方針の第1の柱を掲載しました。

老人福祉施設のご案内